【旧プラン】ワイモバイルはドコモ・au・ソフトバンクよりどれくらい料金が安いか徹底比較

ワイモバイルと大手3社比較

 重要  Y!mobileの新プランと現プランどっちがお得?

2019年10月からの新プランは、2年縛りとそれに伴う解約料が廃止されます。
新プランでは基本料金が「300円」安くなり、スマホプラン「L」(21GB)が廃止され「R」(13GB)が新しく追加されます。

SIMのみ契約のスマホプランS契約時の2年間支払額は以下になります。
【現プラン】59,520円(SIM単体契約特別割引を考慮すると:49,920円
【新プラン】60,120円(SIM単体契約特別割引はありません)

新プランの方が「600円」高い(プランMも同じ)です。
2年縛りや違約金がなくなって、2年間でたったの「600円」しか違わないならお得です。

ただし、新プランでは以下の割引が廃止されます!
【SIMのみ】SIM単体契約特別割引(最大15,552円の割引)
【端末セット】月額割引(端末セット購入時の割引)

しかも、10月以降は端末セット購入で最大15,555円分もらえるキャンペーンも廃止されます!

とにかく安くお得に契約するなら、9月中に現プランの契約を強くおすすめします!
※現プランに加入しても2年以上契約すればいつでも解約料なしで、新プランへ契約変更可能で新プラン変更後は解約料なしで他社へ乗り換え可能になるため、縛りを気にする必要はありません!

この記事は、~2019年5月31日までのドコモ、auの旧プランとY!mobileを比較したものです。

2019年6月1日以降の新プランと比較した記事は、以下を参照してください。

ワイモバイルと大手3社比較

ワイモバイルとドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランどちらが安いか徹底比較

2019年5月31日

-ここからは【旧プラン】との比較記事-

Mama
Y!mobileと大手3社って、結局どれくらい料金が違うの?
Mii
やっぱり、Y!mobileの方がだいぶ安いの?
Papa
大容量じゃなければ、Y!mobileの方がかなり安いよ!
どれくらい料金に差がでるか、分かりやすく比較していくよ!

ドコモ(docomo)/au(KDDI)/ソフトバンク(SoftBank)から、格安スマホへ乗り換えようと思っている人は多いと思います。
また、新規契約するにしても、大手3社だと高そうだから格安スマホを検討している人が多いと思います。

格安スマホの中でも一番お得で安いのはワイモバイル(Yモバイル)です!

格安スマホどうしの比較は、以下の関連記事を参考にしてください。
なぜワイモバイルが一番お得で安いか分かります。

格安スマホ比較

格安スマホの料金・プランを徹底比較!|おすすめはワイモバイル

2017年8月31日

この記事では、格安スマホの中でも一番お得で安いワイモバイルと大手3社(docomo/au/SoftBank)の料金を比較しています。

具体的に分りやすく料金比較をしているので、ぜひ参考にしてください!

 

比較するための前提条件

シミュレーション比較するためには、それぞれの契約条件を近いものにする必要があります。
したがって、今回は以下のような条件に決めました。

前提条件

  1. データ通信利用量:3GB
    <理由>
    格安スマホを利用している人のデータ通信利用量は約60%が2GB未満で、3GB未満だと約80%にもなります。(※総務省の公開データより)
    したがって、ほとんどの人がデータ通信利用量は2~3GB以内で大丈夫そうなので、「3GB」を前提とします。
    データ通信を多く利用する人でも、外出先でWi-fiをなるべく利用すればデータ通信料をおさえることも可能です。
  2. 電話のかけ放題:5~10分
    <理由>
    電話する時は必ず「LINE」や「Facebook」、「FaceTime」などを利用する人は「かけ放題」を契約する必要はないです。
    しかし、アプリを利用した電話だとノイズが多くて会話がなりたたないことが良くあります。
    しかも、アプリからの電話だと若干操作に手間がかかります。
    年配の方や子供だと、アプリ操作が苦手だったり、ノイズが少しでもあると会話がなりたたなかったり、間違って普通に電話して割高な料金を取られたりと、リスクをあげるときりがありません。
    したがって、いちいち電話するときに何かを気にするのはめんどうなので、「かけ放題」を前提とします。

上記内容を前提に、各社を比較する前提条件となる契約プランを以下にまとめます。

:比較するための前提条件(契約内容)
会社プランデータ通信量電話かけ放題月額料金
Y!mobileスマホプランS3GB(*1)10分2,980円(*2)
docomoカケホーダイライトプラン + ベーシックプラン3GB5分6,000円
auスーパーカケホ + データ定額33GB5分6,200円
*1:2年間だけデータ容量増量(2GB→3GB)、3年目からは”2GB”
*2:ワンキュッパ割で加入翌月から12ヶ月間は月額1,000円割引で1,980円
●下取り、家族割引、固定通信サービス割引などは全て対象外
●その他オプションは何も付けない

 

ドコモから新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の発表(2019年4月15日)がありました。
端末分離プランで、2~4割の値下げを実現したと言っています。

本当に安くなったのか!?早速、Y!mobileと比較してみました!
以下の関連記事を参照してください。

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」と比較

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」とワイモバイルを比較!

2019年4月18日

SoftBankとの料金比較について

SoftBank(ソフトバンク)は、データ容量を大量に利用するユーザをターゲットにしています。
そのため、SoftBankはあまりデータ容量を利用しない場合のお得な契約がありません。
※データ容量2GB以上だと大容量プランの方がお得になります。
同じ会社なので、Y!mobile(ワイモバイル)との棲み分けを明確にしていると思います。
したがって、Y!mobileとSoftBankの料金を比較しようにも棲み分けされており、比較ができません。
Y!mobileとSoftBankの比較だと、以下の基準で考えてください。

  • データ容量をいっぱり利用する人 ⇒ SoftBank がおすすめ!
  • データ容量をあまり利用しない人 ⇒ Y!mobile がおすすめ!

SoftBankとは比較が難しいので、後述する docomo/au とY!mobileの比較を参考にしてください。
今回の前提条件では、データ容量をあまり利用しない人に分類されるので、Y!mobileがおすすめになります。

auのピタットプランなどには注意が必要!

auのピタットプランなど、auやSoftBankが「1,980円」プランを提供しています。

このプランは一見安そうですが、、、
例えば、1年目はデータ通信量が1GB以内なら1,980円と宣伝していますが、これには通話料金は含まれません
また、データ通信量が2GBになると+1,000円、3GBになると+2,000円雪だるま式に料金が増えていきます

結局、高額な費用になります。
もしこういったプランを検討しているなら、絶対にワイモバイルをおすすめします!

 

料金比較シミュレーション

シミュレーション

先に記載した前提条件をもとに料金比較をしていきます。

具体的に以下4つのパターンで、料金がいくらになるか算出して比較します。

料金比較パターン

  1. 既に持っているスマホ端末を継続利用(端末料金支払い済み)
  2. 「iPhone XR(64GB)」を新規購入した場合の料金
  3. 「iPhone XS(64GB)」を新規購入した場合の料金
  4. 「iPhone 6s(32GB)」を新規購入した場合の料金

それでは、各パターンごとに比較していきます!
※これからシミュレーションするプラン・料金は、2018年11月12日時点のものです。

 

既に持っているスマホ端末を継続利用(端末料金支払い済み)

端末購入なし料金

既に端末料金の支払いが終わっている端末を利用する場合の月額料金を比較したものです。

圧倒的にY!mobileが安いことが分かります。

2年間の合計費用(税抜)は以下のようになります。

:端末購入なしの2年間支払総額(税抜)
会社利用料金端末料金2年間総額Y!mobileとの差額
Y!mobile2,980円/月(*1)0円/月(*2)59,520円
docomo6,000円/月0円/月(*2)144,000円84,480円
au6,200円/月0円/月(*2)148,800円89,280円
*1:ワンキュッパ割で加入翌月から12ヶ月間は月額1,000円割引で1,980円
*2:端末料金は2年間発生(24ヶ月分)


Y!mobileの方が、docomoより約8,4万円、auより約8,9万円ほど安くなっています。

端末を購入しない場合は、圧倒的にY!mobileが安いです!

しかも、Y!mobileはSIMのみ契約だと1万円以上の特別割引があります!!

さらに、他社から乗り換え(SoftBank以外)でSIMカード契約をする場合、今だけ1万円割引もされます!
詳細は、以下関連記事を参照してください。

SIMのみ契約1万円割引

ワイモバイルSIMのみ契約で今だけ“1万円”割引!|今がチャンス!いつもすぐ終了するよ!

2019年7月31日

これでさらにY!mobileの方が、お得で安くなります!!

Mii
Y!mobile、めっちゃ安いね!!
Mama
これじゃ、比較になってないわね…
Papa
そうなんだよね。
スマホ端末を購入しない場合は、圧倒的に「Y!mobile」が安いんだよ!!

今持っている端末をそのまま利用する場合は、絶対にY!mobileへ乗り換えてください
大手キャリアは、めっちゃ高いです。

ドコモの新料金プランと比較

ドコモから新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の発表(2019年4月15日)がありました。
端末分離プランで、2~4割の値下げを実現したと言っています。

本当に安くなったのか!?早速、Y!mobileと比較してみました!
以下の関連記事を参照してください。

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」と比較

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」とワイモバイルを比較!

2019年4月18日

 

「iPhone XR」を新規購入した場合の料金

iPhoneXR購入比較

「iPhone XR(64GB)」を新規に購入した場合の月額料金を比較したものです。
※Y!mobileはSIMのみ契約で、「iPhone XR」をアップルストアで24回払い購入を前提とする。

やはり、Y!mobileが安いことが分かります。

端末料金の支払いが完了する、2年間の合計費用(税抜)は以下のようになります。

:iPhoneXR新規購入の2年間支払総額(税抜)
会社利用料金端末料金2年間総額Y!mobileとの差額
Y!mobile2,980円/月(*1)3,533円/月(*2)144,312円
docomo6,000円/月1,525円/月(*2)180,600円36,288円(*3)
au6,200円/月917円/月(*2)170,808円26,496円
*1:ワンキュッパ割で加入翌月から12ヶ月間は月額1,000円割引で1,980円
*2:端末料金は2年間発生(24ヶ月分)
*3:ドコモの「iPhoneデビュー割(-7,800円)」適用で差額は「28,488円」(36,288円-7,800円)


Y!mobileの方が、docomoより約3,6万円、auより約2,6万円ほど安くなっています。

やっぱり、Y!mobileの方がお得で安いですね!!

docomo、auでは、不定期にキャンペーンがあります。
しかし、Y!mobileはSIMのみ契約だと常に1万円以上の特別割引があります!!
この特別割引は、今のところ終了案内はなく、恒久的なキャンペーンです。

さらに、他社から乗り換え(SoftBank以外)でSIMカード契約をする場合、今だけ1万円割引もされます!
詳細は、以下関連記事を参照してください。

SIMのみ契約1万円割引

ワイモバイルSIMのみ契約で今だけ“1万円”割引!|今がチャンス!いつもすぐ終了するよ!

2019年7月31日

これでさらにY!mobileの方が、お得で安くなります!!

Mii
やっぱり、Y!mobileが安いんだね!
Papa
大手キャリアは端末の割引が大きいから、端末購入なしに比べるとだいぶ差が縮まってるね。
だけど、やっぱりY!mobileにはかなわないね!!

 

「iPhone XS」を新規購入した場合の料金

iPhoneXR購入比較

「iPhone XS(64GB)」を新規に購入した場合の月額料金を比較したものです。
※Y!mobileはSIMのみ契約で、「iPhone XS」をアップルストアで24回払い購入を前提とする。

やはり、Y!mobileが安いことが分かります。

端末料金の支払いが完了する、2年間の合計費用(税抜)は以下のようになります。

:iPhoneXS新規購入の2年間支払総額(税抜)
会社利用料金端末料金2年間総額Y!mobileとの差額
Y!mobile2,980円/月(*1)4,700円/月(*2)172,320円
docomo6,000円/月2,700円/月(*2)208,800円36,480円
au6,200円/月2,083円/月(*2)198,792円26,472円
*1:ワンキュッパ割で加入翌月から12ヶ月間は月額1,000円割引で1,980円
*2:端末料金は2年間発生(24ヶ月分)


Y!mobileの方が、docomoより約3,6万円、auより約2,6万円ほど安くなっています。

やっぱり、Y!mobileの方がお得で安いですね!!

「iPhone XR」と同様に、Y!mobileはSIMのみ契約だと1万円以上の特別割引があります!!

さらに、他社から乗り換え(SoftBank以外)でSIMカード契約をする場合、今だけ1万円割引もされます!
詳細は、以下関連記事を参照してください。

SIMのみ契約1万円割引

ワイモバイルSIMのみ契約で今だけ“1万円”割引!|今がチャンス!いつもすぐ終了するよ!

2019年7月31日

これでさらにY!mobileの方が、お得で安くなります!!

Mii
2年間の差額は、「iPhoneXR」とほとんど同じだよ!

 

「iPhone 6s」を新規購入した場合の料金

iPhone6s購入比較

「iPhone 6s」を新規に購入した場合の月額料金を比較したものです。
※グラフでは「iPhone SE」と記載されていますが、現在「iPhone SE」は販売されておらず、同じ料金になる「iPhone 6s」に置き換えてください。

「iPhone XR/XS」の時よりも、はるかに「Y!mobile」が安いことが分かります。

Y!mobileは「iPhone 6s」をセット販売しており、大手3社同様に端末を安く購入することができるためです。

「iPhone 6s」以外にも「iPhone 7」もY!mobileでセット販売されおり、同様に、安く購入することができます。

ワイモバイルのiPhone安い

ワイモバイルは「iPhone6s/iPhone7」が安い!|たったの「500円」~買える

2018年6月13日

端末料金の支払いが完了する、2年間の合計費用(税抜)は以下のようになります。

:「iPhone 6s」新規購入の2年間支払総額(税抜)
会社利用料金端末料金2年間総額Y!mobileとの差額
Y!mobile2,980円/月(*1)0円/月(*2)
※頭金500円
60,020円
docomo6,000円/月600円/月(*2)158,400円98,380円
au6,200円/月417円/月(*2)158,808円98,788円
*1:ワンキュッパ割で加入翌月から12ヶ月間は月額1,000円割引で1,980円
*2:端末料金は2年間発生(24ヶ月分)


Y!mobileの方が、docomo/auより約9,8万円ほど安くなっています。

Y!mobileは「iPhone 6s」をかなり安くセット購入できるので、Y!mobileの方が圧倒的に安いです!!
ただし、この時はSIMのみの契約ではないので、特別割引はありません。

今だと「iPhone 6s」が激安のワンコイン(500円)で買えます!
スマホプラン(S/M/L全て対象)の「iPhone 6s(32GB)」セット購入だと、頭金「500円(税抜)」払えば、後は月額の機種代金は「0円」です!!

Y!mobileの「iPhone 6s/7」セット購入の詳細内容は、以下関連記事を参照してください。

ワイモバイルのiPhone安い

ワイモバイルは「iPhone6s/iPhone7」が安い!|たったの「500円」~買える

2018年6月13日

Mii
「iPhone 6s」が付いて、この価格はめっちゃ安いね!
Papa
これから乗り換え予定の人は、「iPhone 7」もめっちゃ安く買えるよ!!

 

まとめ

まとめ

いろいろなパターンで料金を比較してみました。

結果、全てのパターンでY!mobileが安くなっています!

特に、「端末購入なし」とY!mobileでセット購入可能な「iPhone 6s」の場合では、圧倒的にY!mobileが安くなっています!

Y!mobileがセット販売していない新しい機種だと、docomo/auとY!mobileの差は縮まりますが、それでもまだまだY!mobileの方が安いです!

この機会にぜひ、一番安くてお得で、毎月の料金を節約できる「Y!mobile」へ乗り換え・新規契約してください!

Mii
「Y!mobile」に乗り換え・新規契約しないと損するね!
Papa
自信を持って「Y!mobile」をすすめるよ!
絶対に損はしなから、乗り換え・新規契約してみてね!

ドコモからワイモバイル

ドコモからワイモバイルに乗り換える注意点やメリットと方法|料金比較あり

2017年11月1日
auからワイモバイル

auからワイモバイルに乗り換える注意点やメリットと方法|料金比較あり

2017年11月2日
ソフトバンクからワイモバイル

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える注意点やメリットと方法|料金比較あり

2017年11月2日
UQモバイルからワイモバイル

UQモバイルからワイモバイルに乗り換える注意点やメリットと方法

2019年4月23日
楽天モバイルからワイモバイル

楽天モバイルからワイモバイルに乗り換える注意点やメリットと方法

2019年8月26日
ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」と比較

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」とワイモバイルを比較!

2019年4月18日
ワイモバイルを徹底解説

ワイモバイルの料金や評判、メリット・デメリットなど徹底解説!

2017年10月2日
ワイモバイルがおすすめな人そうでない人

ワイモバイルに乗り換えや新規契約がおすすめな人はどんな人?その逆は?

2019年3月20日




人気”No.1″の格安スマホ(格安SIM)
Y!mobile(ワイモバイル)

他の格安スマホ(格安SIM)に比べ通信速度が速く、月額料金も1,480円~と格安!
家族割引やキャッシュバックなど、すごくお得なキャンペーンが充実!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です