ワイモバイルのデメリットと注意点を総まとめ|回避方法もある

ワイモバイルのデメリット

Y!mobile(ワイモバイル)のデメリットと注意点

デメリット

ワイモバイル(Yモバイル)に乗り換えれば、スマホ料金がすごく安くなるし、高速で高品質な通話・データ通信サービスを受けれます。
しかし、Y!mobileにもデメリットはあります。

正直、PapaはY!mobileに乗り換えてデメリットを感じたことはありません。
メリットはめっちゃ感じています。

しかし、人によってデメリットの感じ方は変わります。
なので、注意が必要なことをまとめるので、事前にしっかり確認しておいてください。

デメリット

  1. データ繰り越しができない
  2. データ容量が増量されるのは2年間のみ
  3. 2年目以降は値段が高くなる
  4. 大手3キャリアよりセット購入で選べるスマホ機種が少ない
  5. SoftBank(ソフトバンク)から「SIMのみ契約」乗り換え時は特別割引対象外
  6. SoftBank(ソフトバンク)から「スマホ端末セット購入」乗り換え時は「機種変更」扱い

 

データ繰り越しができない

Y!mobileでは、余ったデータ通信量を翌月へ繰り越すことができません。
これはちょっと厳しいですね。

でも、Enjoyパック」や「パケットマイレージ」でデータ通信量を増やすことが可能です!
Papaは、この2つで毎月+1GBされてます!!

サービスはめまぐるしく変化しているので、そのうち繰り越しできるようになるかもしれません。
まぁ、繰り越しできるようになると、ほぼ完璧になっちゃうけど…

 

データ容量が増量されるのは2年間のみ

Y!mobileのデータ増量無料キャンペーンは、2年間の限定です。
3年目以降も毎月+500円でデータ増量オプションを利用することは可能です。

ワイモバイルのデータ容量増量

ワイモバイルの「データ増量無料キャンペーン」

2017年11月13日

3年目以降もY!mobileの利用を検討されている方は注意が必要です。

データ容量が増量されました

2018年9月1日からデータ容量が増量されました。
スマホプランS:2GB ⇒ 3GB(3年目以降 1GB ⇒ 2GB
スマホプランM:6GB ⇒ 9GB(3年目以降 3GB ⇒ 6GB
スマホプランL:14GB ⇒ 21GB(3年目以降 7GB ⇒ 14GB

この増量により、3年目以降でもデータ容量に困ることは少なくなりそうです。

Papaの場合は、「Enjoyパック」や「パケットマイレージ」で毎月+1GBされているので、3年目以降も3GBは利用可能な状態です。

Yahoo! JAPANサービスを頻繁に利用される方は、3年目以降も「スマホプランS」でも毎月3GBは確保できると思います。

そうでない方で、毎月のデータ容量が2GBでは足りない!とうい方は、+500円で増量するか、スマホプランMに契約変更するか、一旦楽天モバイルやUQモバイルなど他社へ乗り換えてみることをお勧めします。

ワイモバイルと楽天モバイルの比較

ワイモバイルと楽天モバイルを徹底比較|料金・プランの違いは?

2018年2月9日
ワイモバイルとUQモバイルの比較

ワイモバイルとUQモバイルを徹底比較|料金・プランの違いは?

2018年2月6日

他社へ乗り換えて2年たったら、Y!mobileへ再度乗り換えが一番お得だと思います!

ただ、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」を頻繁に利用される方は、「Enjoyパック」に入っているとポイントが10倍です。
かなりのポイントバックがあるので、Y!mobileをそのまま継続利用することをお勧めします!!

 

2年目以降は若干値段が高くなる

Y!mobileは、1年目だけは1,000円多く割引されるので、他の格安スマホよりかなりお得で安くなります。

しかし、2年目以降は若干高くなってしまいます。(「スマホプランS」だと、毎月2,980円)

2年間の契約縛り(解約手数料:9,500円)があるので、2年間は確実にY!mobileを利用してください

2年間の合計料金は、Y!mobileが一番お得で安いです。
「家族割引」もあるので、家族複数人で契約している場合は、よりY!mobileがお得で安くなっています。

3年目以降は、自分にあった対応を取る必要があります。

どのような場合に、どうしたら一番お得で安くできるか?は、以下「関連記事」に詳しく記載していますので、ぜひ一度参考にしてみてください!

格安スマホ比較

格安スマホの料金・プランを徹底比較!|おすすめはワイモバイル

2017年8月31日

Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」を頻繁に利用される方は、「Enjoyパック」に入っているとポイントが10倍なので、Y!mobileの継続利用を強くお勧めします!!

 

大手3キャリアよりセット購入で選べるスマホ機種が少ない

Y!mobileの契約時にセットで購入できるスマホ端末の種類は、大手3キャリアより少ないです。

まぁ、格安スマホ会社なら、どこもそうです。
格安スマホ会社の中だと、「iPhone 6s/7」も扱っているので、良い方です!!

SIMフリーのスマホ端末を購入する場合は、特に関係ありません。
一応、デメリットとして記載しましたが、そんなにデメリットでもないかな…
まぁ、無いより有る方が良いので、デメリットとしています。

 

SoftBank(ソフトバンク)から「SIMのみ契約」乗り換え時は特別割引対象外

他社からY!mobile(ワイモバイル)へ「SIMのみ契約」で乗り換える場合は、特別割引があります。
※スマホプランS:10,368円、スマホプランM/L:15,552円 の特別割引

しかし、SoftBank(ソフトバンク)からの乗り換え(番号移行)は、特別割引対象外になります。
注意してください。
※スマホ端末をセット購入される方は関係ありません。

SIMカードのみ契約時特別割引の詳細は以下関連記事を参考にしてください。

ワイモバイルのSIM単体契約特別割引

ワイモバイルSIMのみ契約で特別割引|最大15,552円割引

2018年4月2日

 

SoftBank(ソフトバンク)から「スマホ端末セット購入」乗り換え時は「機種変更」扱い

docomo/au/MVNOから乗り換える場合は、「乗り換え」価格でスマホ端末を購入できます。

しかし、SoftBank(ソフトバンク)からの乗り換え(番号移行)は、「機種変更」価格になります。

「機種変更」価格は、「乗り換え」価格より月額料金+500円(税抜)となり、2年間(24回払い)で、+12,000円(税抜)になってしまいます。
※一括払いでも同様に+12,000円(税抜)になります。

スマホ端末をセット購入する時は注意してください。

 

Y!mobile(ワイモバイル)のデメリットまとめ

デメリット

一応、注意しなければならい点を7つほど記載しました。

人によっては、記載内容がかなりのデメリットになったり、そうでもなかったりすると思います。
特にSoftBankユーザの方は注意が必要です。

ただ、多くのSoftBankユーザは、Yahoo系サービスのポイントアップを継続したい!となり、格安スマホへ乗り換えるなら「Y!mobile」しかない!となると思います。
以下記事に詳細をまとめているので参考にしてください。

ソフトバンクからワイモバイル

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える注意点やメリットと方法|料金比較あり

2017年11月2日

自分にあった、格安スマホを選ぶ手助けになればと思います。

ワイモバイルのメリットまとめ

ワイモバイルのメリットってなに?良い点をまとめた記事を一覧で紹介!

2019年3月4日
ワイモバイルを徹底解説

ワイモバイルの料金や評判、メリット・デメリットなど徹底解説!

2017年10月2日




人気”No.1″の格安スマホ(格安SIM)
Y!mobile(ワイモバイル)

他の格安スマホ(格安SIM)に比べ通信速度が速く、月額料金も1,480円~と格安!
家族割引やキャッシュバックなど、すごくお得なキャンペーンが充実!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA