ワイモバイルの「下取りプログラム」|画面割れでも高く下取り

下取り
Mii
下取りプログラムってなに?
Mama
Y!mobileは高く買い取ってくれるの!?
Papa
不要になったスマホをY!mobileが買い取ってくれるサービスだよ。
基本的には、アップルストアや他の携帯会社と下取り額は似たようなもんだね。

しかし、画面割れ(液晶割れ)しているものは、絶対にY!mobileで下取りしてもらおう!

また、他で売ったりする手続きがめんどうな人には便利だよ!!

このページでは、「下取りプログラム」を紹介します!

他の格安スマホ会社は、下取りをしてくれません!
格安スマホで、下取りをしてくれるのは、Y!mobile(ワイモバイル)だけです!!

お得なキャンペーンを利用して、より安く賢くY!mobileへ乗り換えてください!

下取り

新規・他社からの乗り換え、契約変更、または機種変更で、「スマホプランS/M/L」を契約した場合、不要になったスマホ端末を下取りしてくれます。
実際に下取りしてもらうと、通信料金が割引(24回の分割割引)されます。
※契約日の翌月末までに下取り申し込みをする必要があります。
※下取り機種により、割引金額は異なります。

Y!mobile(ワイモバイル)の下取り価格が、アップルストアや他の携帯会社と比べて高いのか?安いのか?も同時に紹介します!
※iPhoneをアップルストアで新規購入する場合、不要なiPhoneを買い取ってくれます。

特に画面割れ(液晶割れ)のスマホ端末の下取りは、Y!mobileが一番良いです。
Y!mobileは画面割れしていても、良品と同じ金額で下取り可能です!!

Mama
実際にいくらくらいで下取りしてくれるの?
Papa
iPhoneを例に下取り価格の比較もしてみるね!

まず、キャンペーンの詳細内容や適用するための条件について紹介していきます。

実際に画面割れ「iPhone 6s」を下取りに出してみた!

2018.04.26

 

キャンペーン期間

2016年11月1日~
※キャンペーン終了時期は未定です。

 

キャンペーン適用条件

条件1:契約内容について

  1. スマホプランS/M/Lを契約する
  2. 新規契約/他社からの乗り換え(MNP)/契約変更/指定機種の購入を伴う機種変更である
    ※SoftBank(ソフトバンク)からの乗り換え(番号移行)も対象です。
  3. 下取りとなる機種が以下条件を満たすこと
    <新規契約/他社からの乗り換え(MNP)の場合>
    ・Y!mobileが指定する「下取り対象機種」であること
    <契約変更/機種変更の場合>
    ・変更前の下取り対象機種であること
    ・下取り対象機種をバリュースタイル(W-VALUE SELECTを含む)、通常契約のいずれかで購入していること

 

条件2:下取り申し込みについて

  1. Y!mobile契約日の翌月末までに下取りの申し込みをすること
  2. 下取り対象機種が正規に購入されていること
  3. 申込者が下取り対象機種の所有者であること
  4. 製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと
  5. 以下のような機種は下取りができない
    ・電源が入らない(スリープボタンが正常に機能しない)
    ・初期化されていない、各種ロックが解除されていない
Papa
電源が入って、初期化されていて、各種ロックが解除されていれば、画面割れ(液晶割れ)や少々のキズ・破損があっても良品と同じ金額で下取りしてくれます!!
実録紹介

実際に「iPhone 6s」を下取りに出してみました。
その時のことを、以下記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

実際に画面割れ「iPhone 6s」を下取りに出してみた!

2018.04.26

 

キャンペーン特典

下取り価格分を24回に分けて、毎月の通信料金から割引します。
※割引回数は下取り対象機種により異なる場合があります。

下取り対象機種と下取り価格(割引額)は、「下取り対象機種」を参照してください。

特典適用について

適用される割引金額は、以下の条件により異なります。
まぁ、いろいろと書いていますが、タイミングによっては適用される割引金額が変わる可能性があるということです。

<店頭申し込みの場合>
契約申込日を1日目とし、30日以内に本キャンペーン申し込みの場合:契約申込日時点の割引金額
契約申込日を1日目とし、31日以降に本キャンペーンお申し込みの場合:本キャンペーン申し込み日時点の割引金額

<郵送申し込みの場合>
送付キット受け取り日を1日目とし、14日以内にY!mobileが下取り対象機種の受領を確認した場合:<店頭申し込みの場合>の条件に準じる
送付キット受け取り日を1日目とし、15日以降にY!mobileが下取り対象機種の受領を確認した場合:当該端末の受領確認日時点の割引金額(※送付キットの受け取りや下取り機種の送付状況により、<店頭申し込みの場合>の条件に準じた割引金額となる場合があります。)

 

注意事項

  • 月額料金を割引額が越えた場合、超過分は翌月請求分に繰り越されます。
    ※繰越額および繰越期間の制限はありません。
  • 割引期間内に解約した場合、割引は終了となります。
  • 下取り申し込み後のキャンセルおよび対象機種の返還はできません。
  • 申し込み1回につき、下取り対象機種は1台です。
  • 店頭で下取りまたは送付キットで直送のいづれかを選択できます。
  • 下取りプログラムに申し込みの際は、古物営業法に基づく本人確認が実施されます。
  • 査定のタイミングによってキャンペーンの適用時期が変更になる場合があります。
  • 同一電話番号での適用は一回限りです。また、解約後3ヵ月以内の再契約は対象外となります。

 

オンラインストアからのキャンペーン申し込み方法

オンラインストアから契約申し込みをする際は、「割引」の入力画面で「下取りプログラム」にチェックを入れてください。

乗り換え方法、オンラインストアでの契約申し込み方法は、以下関連記事を参考にしてください。

ワイモバイルの契約申し込み方法を画面イメージで分かり易く解説!

2017.10.26

以下リンクからオンラインストアの契約申し込みが可能です。
Y!mobile公式オンラインストア:https://www.ymobile.jp/store/

 

どこの下取りが一番高くてお得か?

シミュレーション

Y!mobileで下取りしてくれることは分かりました。
では、実際にY!mobileの下取りは他と比べてどうなのでしょうか?

iPhone機種を中心にアップルストア、docomo、au、SoftBankの下取り価格を表にしました。

:下取り価格の比較表
機種Y!mobileApple StoredocomoauSoftBank
iPhone SE5,184円
(216円×24回)
最大9,500円(*1)12,000円
(画面割れ:3,600円)
11,880円
(画面割れ:3,780円)
10,800円
(450円×24回)
iPhone 65,184円
(216円×24回)
最大9,500円(*1)7,000円
(画面割れ:2,100円)
11,340円
(画面割れ:3,240円)
11,400円
(475円×24回)
iPhone 6 Plus10,368円
(432円×24回)
最大14,000円(*1)12,000円
(画面割れ:3,600円)
15,120円
(画面割れ:4,320円)
17,280円
(720円×24回)
iPhone 6s7,776円
(324円×24回)
最大18,000円(*1)14,000円
(画面割れ:4,200円)
17,280円
(画面割れ:5,400円)
17,280円
(720円×24回)
iPhone 6s Plus15,552円
(648円×24回)
最大22,000円(*1)19,000円
(画面割れ:5,700円)
23,760円
(画面割れ:7,020円)
24,000円
(1,000円×24回)
iPhone 718,144円
(756円×24回)
最大28,000円(*1)29,000円
(画面割れ:8,700円)
31,320円
(画面割れ:9,180円)
31,200円
(1,300円×24回)
iPhone 7 Plus31,104円
(1,296円×24回)
最大38,000円(*1)38,000円
(画面割れ:11,400円)
40,500円
(画面割れ:11,880円)
45,600円
(1,900円×24回)
Galaxy S75,184円
(216円×24回)
10,000円
(画面割れ:3,000円)
10,000円
(画面割れ:3,240円)
21,600円
(900円×24回)
※Y!mobileは画面割れ(液晶割れ)も良品と同額で下取り!
※下取り対象機種が良品であることを前提としています。
※Totalで割引される金額(ポイント)を記載しています。
※容量による金額の違いはありません。
※2018年6月27日時点の情報です。
*1:Appleストアの下取り価格が複雑になりました。(容量でも下取り価格が変わる)
  下取り価格の確認には、製造番号(IMEI)が必要です。
  下取り価格は、こちらから確認してください。

 

Y!mobileに乗り換えする場合の選択肢としては、以下の3択になると思います。

  1. Y!mobileで下取り
  2. アップルストアで下取り
    ※アップルストアで新しいiPhoneを購入する場合
  3. 中古買取り専門店に売る

※比較表のdocomo、au、SoftBankの下取り価格は参考情報として記載してます。

どこで下取り(買取り)してもらうのが良いのか?
以下に条件別で一番良い方法をまとめます!

  • 下取り対象機種が良品で多少めんどくさい作業もOK
    「③中古買取り専門店に売る」が一番高くなる思います。でも、めんどくさい…
  • 下取り対象機種が良品で新しいiPhoneを購入予定
    「②アップルストアで下取り」が一番高くなると思います。
     ※ただし、良品となる条件が厳しいので注意してください。
  • 下取り対象機種があまり良品ではない
    「①Y!mobileで下取り」が一番高くなると思います。
     ※最低限の動作が確認できれば、価格は変わらず下取りしてくれるため。
     ※アップルストアだといくらぐらいに査定されるのか出してみないと分からない。

アップルストアや中古買取り専門店だと下取り対象機種の状態によって金額が変わってきます。
その点、Y!mobileだと多少問題(画面割れ(液晶割れ)や少々のキズ・破損)があっても、電源が入って、初期化されていて、各種ロックが解除されていれば、良品と同じ額で下取りしてくれるのでありがたいです!

いろいろ考えたり、手続きの煩雑さなどを考えると、Y!mobileで下取りしてもらうのが一番安心かつ楽で良いと思います!

Papa
比較的新しい機種は、アップルストアや中古買取り専門店がおすすめ!

しかし、2世代くらい前の機種だと、長い期間使ってるから傷みもあると思うので、Y!mobileに下取りに出すのが一番良いと思うよ!

 

まとめ

まとめ

不要なスマホ端末は、Y!mobileの「下取りプログラム」で買い取ってもらうことができます!

不要なスマホ端末を売る方法としては、「アップルストアで下取り」、「中古買取り専門店に売る」などの選択肢もあるので、本記事を参考に一番お得になる方法を見つけてください!

とにかく簡単にすませたいなら、Y!mobileの契約時に申し込むと一連の流れで下取りに出せます。

また、アップルストアで新しい機種を買う人はアップルストアへの下取りも一連の流れでできるのでおすすめです。

特に画面割れ(液晶割れ)やキズ・損傷がはげしいものは、Y!mobileでの下取りをおすすめします!
Y!mobileは、最低限の動作確認(電源が入る/初期化されている/各種ロックが解除されている)で、良品と同じ額で下取りしてくれます。

Y!mobileでは下取りもやっているので、ぜひこの機会に一番安くてお得で、毎月の料金を節約できるY!mobileへ乗り換えてください!

実録紹介

実際に「iPhone 6s」を下取りに出してみました。
その時のことを、以下記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

実際に画面割れ「iPhone 6s」を下取りに出してみた!

2018.04.26
Papa
やっぱり、下取りも便利で一番お得で安いのはY!mobileだね!

【2018年8月】ワイモバイルの開催中キャンペーンを総まとめ

2017.11.09

実際に画面割れ「iPhone 6s」を下取りに出してみた!

2018.04.26




人気”No.1″の格安スマホ(格安SIM)
Y!mobile(ワイモバイル)

他の格安スマホ(格安SIM)に比べ通信速度が速く、月額料金も1,480円~と格安!
家族割引やキャッシュバックなど、すごくお得なキャンペーンが充実!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

家族全員で「Y!mobile(ワイモバイル)」に乗り換えました。 その経験をみなさまと共有できたらと考えて、格安スマホの費用比較など、管理人が実際に乗り換えまで考えた内容を含め情報を発信していきます。